2007年07月16日

クレーム客の見抜き方

せどり業界では安い本を買った客がクレーマーに成りやすいと言うのが一般的なようですが僕の考えはちょっと違います。

 高い本でも何人かの出品者が横並びしていて売れた場合クレーマーと成りやすいです。おそらく購入者からしてみれば、”同じ価格で他の出品者から買えるけどあなたを選んでやった。”という意識が芽生えるからかもしれません。

 安くても出品者が誰もいない場合やアマゾンしか出品者がいない場合、自分しか安く売ってくれる出品者はいない訳ですからクレーマーとなる確率は低いです。

 安い本は出品者は1円でも利益をあげたいと思いますから当然横並びにはなりやすいので安い本はクレーマーが多いと皆さん思うのかもしれません。
posted by せどりで自立!のシゲ at 07:33| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | せどりの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。時々訪問させていただいております。せどりを取り巻く環境

は年々厳しくなっていますね(汗)私は、この間までやっていた洋書せど

りから足を洗い、アメリカへ行き、新たな流通を勉強しようと思います。

よかった、是非遊びにきてくださいね。
http://ameblo.jp/oasisnoel
Posted by 洋書せどらー at 2007年07月19日 02:22
突然ですが、もし、さしつかえなければ、
私のサイトに、あなた様の
ブログを登録していただけないでしょうか。
ランキングを楽しんだり、
さまざまなブログを拝見したり、
ブログライフの引き出しとして、
お願いできないでしょうか。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
是非、御願いします。

Posted by magazinn55 at 2007年08月25日 05:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47968436

この記事へのトラックバック

ミリオンバナーエクスチェンジ
Powered by Seesaa
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。