2006年08月29日

大化け本



105→10000

初の一万円越えです。品揃え抜群(店の雰囲気も良い)の群馬の藤岡店でせどったような気がします。それ程自分のモチベーションが高くなく大型本の中に隠れていて出品者が誰もいなかったのでとりあえずせどったような感じです。帰って出品してみて3000円の予約が入っていたのでとりあえず10000円で出品してみました。(僕の場合大体、予約価格の3倍が目安)。3日で売れました。

まあ、心理学系は狙い目ですが。

せどりは山あり谷ありです。
良い日もあれば悪い日もあります。

ブログランキングへの投票をお願いします。
【関連する記事】
posted by せどりで自立!のシゲ at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れた本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

せどらーの適性

 せどらーの適性で次に僕が重要と思っているのが本の置き場所です。

 
 もし月20万の利益をあげたいと思ったら最低でも1000冊、四畳半ぐらいのスペースは必要です。本を置くだけなら二畳ぐらいあれば置けますが梱包するとなると四畳半ぐらい必要です。
 じゃあコンテナルーム借りればいいじゃないかと思うかもしれませんが家から離れていると非常に億劫です。僕は借りたことはありませんが雨の日なんかはすごく大変だと思います。しかも最低でも1万近く家賃が掛かります。

 廊下とか変な所に置いたら同居人にすごく嫌がられます。しかも本は小さいからそんなに場所とらないだろうと思いましたが商品なので慎重に扱わなければならないし買い物袋に詰め込んで運んでみるとかなりの重さです。大体、水と同じぐらいの容量だと思います。

 
 僕の家は比較的郊外だし姉が結婚して出て行った空部屋がありますので十分余裕があります。都心でマンション住まいの人は大変だと思います。

ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by せどりで自立!のシゲ at 03:01| Comment(6) | TrackBack(0) | せどりの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

本の発送

 メール便にはクロネコメールか佐川ゆうメール、重たいものなどは冊子小包を皆さん使っていると思います。

クロネコメールと佐川ゆうメールの違いについて書いてみたいと思います。

クロネコメールは(10月の改定でどうなるか分かりませんが、)ゆうメールに比べてダントツで早いです。次の日か2日後には着きます。佐川ゆうメールは土日、祝日は休みで3〜5日ぐらい掛かります。土日、休日をはさむと1週間ぐらいかかる事もあります。

値段の比較は大体1冊につき大体20〜30円ぐらい、ゆうメールの方が安いようです。

発送方法はクロネコは日本全国のセブンイレブンやコンビ二でも24時間発送できます。ゆうめーるは事務所に電話して契約して発送できるようになるまで1週間ぐらいかかるようです。


色々相性の問題もあるかもしれませんが僕は引っ越す前はゆうメールを使っていました。ですが引っ越してからは何故か同一商品でなければダメだということで断られてしまいました。単価は上がりましたが、コンビニからも出せるようになったのでクロネコでも満足しています。佐川の人間は何か、ぶっきらぼうな感じがして僕とは相性が良くありません。


ブログランキングへの投票をお願いします。
posted by せどりで自立!のシゲ at 18:41| Comment(3) | TrackBack(1) | 本の梱包 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

せどら−の適性

 せどらーの適性とは何でしょうか?

 まず第一に本が好きなことです。最初の頃は興味本位で何ヶ月かは続くかもしれませんが単なる小銭稼ぎで本にまったく興味がないのであればすぐ飽きてしまうと思います。
 これはどんな仕事でも同じことだと思いますが、やはり金儲けの目的でも、その仕事にやりがいを感じなければ長く続ける事は無理だと思います。

 ちなみに僕は図書館に行ったり本屋に行くことが昔から好きでした。
 せどりをやっていて仕入れはもちろん楽しいですが出品が意外と楽しいことに気がつきました。"どの値段で売れるか?”適正価格を考えるのが意外と楽しいです。

ブログランキングの投票へ

posted by せどりで自立!のシゲ at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | せどりの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

せどりの考え方

 ”とりあえず行動してみなくちゃわからない。行動してみてから考える。”という考え方が一般的のようですが僕はじっくり知識を吸収してから行動するようにしています。
 人気ブログランキングのようなところでじっくり勉強してから行動してみるのも良いのではないでしょうか?
 
 情報商材を買う必要はありません。
posted by せどりで自立!のシゲ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | せどりの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の梱包の手順2

 次は封筒の作成です。
 
 話は変わりますが皆さんはネットで一括で大量に梱包財を買う人が多いと思いますが僕はホームセンターで買っています。そのほうが早いし店舗によってはB5サイズの封筒が100枚入りで500円ぐらいで手に入ります。
 住所欄と明細書を分離しといて住所欄を貼り付けたときに明細書を封筒の中に入れておきます。
 その後はんこで自分の名前を押します。ティッシュで押印を軽く拭いたほうがほかの封筒につかなくて良いかもしれません。
 
 本の包装は僕はホームセンターで20メーターぐらいのプチプチを2000円ぐらいで買っています。人によってはネットで本のサイズのプチプチを買う人もいるようですが暇な時間に本のサイズに切っておけば良い事ですから。それよりも費用をなるべく浮かすことに重点を置いています。
 ダンボールは大量に用意しといたほうがいいかもしれません。配達人にダンボールごと渡しています。以前は返してもらっていたのですが配達人も必要そうなのでめんどくさいので渡してしまっています。用意してくれてもらえるとうれしいのですがしょうがありません。
 
 とにかく梱包は仕入れと違ってつまらない作業なので音楽を聴きながらとか気を紛らわせながらやると気が楽です。

オークション、せどりの知識を高めたいなら
posted by せどりで自立!のシゲ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の梱包 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の梱包の手順1

 僕は梱包スピードは早い方ではありませんが(大体40冊ぐらいで丸1日かかる)。梱包手順はできるだけ楽にできるように考えています。
 当たり前のことかもしれませんがいちいち住所を書きたくないので梱包明細書と一緒にプリントアウトします。はさみで余分な部分を切り落とします。ちゃんと切り落としたほうが余計な糊を使わなくてすみます。ちょっとした事ですが何千冊も梱包するとなると多少は違ってくると思います。
 
 人によっていろいろな手順があると思いますが、まずは梱包明細書を元に本を取り出します。たまにどうしてもみつからなっかたりする本がありますが(後で目立つところにおいてあることがわかってがっかりする・・)見つからない本にこだわってるとドンドン時間がたつので早めにあきらめます。ただし高額本だと粘ったりしますが。
 値札はがしにはいろいろな商品があるようですが僕は値札はがしの洗剤を使ったこともありますが爪を使って慎重に剥がしたほうが早いしきれいに取れるようです。爪が割れてきたら100円ショップのヘラで最初だけ浮かせて剥がしています。
 
 水拭きには僕は漂白剤を混ぜて使っています。これなら多少の汚れも落ちると思います。表紙の汚れはほぼ落ちます。値札はがしの時もそうですがコメント以外に書き込み等の見逃しがない様にチェックしています。中には紙やすり使う人もいるようですが小口に汚れがついている事がかなり多いので僕は漂白剤入りのナプキンなら何回かこすれば大体落ちます。目立った汚れじゃなければ神経質になる必要はないと思います。

オークション、せどりの知識を高めたいなら
posted by せどりで自立!のシゲ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の梱包 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミリオンバナーエクスチェンジ
Powered by Seesaa
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。